konkatu

【婚活体験談】東京都 30代後半女性 katagiri35さん

「仕事のお得意様が結婚相談所をやっているから、登録してみないか?」とある日、父親が話をし始めた。話の矛先は私ではなくて2つ年が上の姉だった。その時の姉は断っていたが、何度かその話をされた様で資料を取り寄せるまでは行ったようだった。ただ、登録をするところまではしなかった。後になって理由が分かったが、お付き合いしていた彼氏がいたのだ。確かその話が出てから1~2年後には妊娠して結婚した。

私は正直、「負けた」と思った。姉はフワフワしていて可愛い部類に入ると思うので彼女にはいいけど、堅実なタイプではなかったから結婚は難しそうだと感じてたからだ。私はと言えば、ダイニングバーの店長をやっていて週休1日、1日平均12時間以上労働は当たり前でバリバリ働く女。休みはお客様とのお付き合いか、もしくは疲れて寝て過ごすという日々を送っていた。自分で言うのもなんだけど、顔はそこそこだし性格だって悪くない。言い寄られることも良くあるし、出会いはいっぱいある、むしろモテて困っているくらいだと思う。

父親のすすめで結婚相談所に入会しました

しかし、年齢は35歳を迎え、いつの間にか彼氏いない歴5年。幼いころから母親のような専業主婦になることが夢で、それは女として産まれてきたら自然になれるものだと思っていた。現実はそう簡単ではなく、これでは本当に結婚できず、夢は叶わないかもしれないと、とりあえずは毎週の様に手あたり次第デートを重ねてみた。ここから私の婚活がスタートしたのかもしれない。大地主の息子、ひと昔前に一躍有名になった歌い手、大手証券会社で稼ぎ頭だった元トレーダー、フリーランスのデザイナー・・・結婚相手にするには、条件として悪くないであろう人々とデートをした。

日頃、客商売をしているし、ましてや男と女なので相手を楽しませることはそこまで苦労しなかった。またデートをしたいとよく言われたが、私自身が楽しんだかどうかは全く別だった。なんだか仕事の延長をしているようでならない。彼氏いない歴を更新し、疲弊していくだけの様に感じていた。そんな時父から、今度は私に向けて結婚相談所の話をしてきたのだ。子育ても終わり住宅ローンの支払を終えた父は、費用を全部持つとまで言ってくれたので、あまり乗り気ではなかったが、入会だけでもしてみようという気にさせてくれた。

結婚相談所は入会してからが大変・・・

入会する為には提出する資料が沢山あって、何度か相談所に足を運んだりと少し面倒だった。日頃、昼間の生活をしていない私には不向きだった。きっと父のサポートがなければきっと入会の時点で挫折していたと思う。入会した結婚相談所はみどり会というところです。結婚相談所はプランが2つあってひとつはホワイトコースというプランで、価格は安いが紹介されるのはその相談所に登録している方のみ、尚且つ紹介される人数やペースにも制限がある。もうひとつはゴールドコース、価格はぐっと高くなるがそこの相談所以外の方にも出会え、PC上で検索もできるいわば出会い系のようなサイトが使えるというもの。支払いは父だし、もちろんゴールドコースに入会。

そうしてやっと契約が済んだと思ったら、さっそくお二人の紹介を受けた。が、、、まったくタイプではない。見た目がです。「あー、真面目そうな感じ、こういう人が相談所に登録するんだろうなぁ」という印象。初めてのことだったので、とりあえずは検討すると答えて帰宅したのを覚えている。デートをすることもしなくなり、普段通りの生活に戻ったが相談所から申し込みがくる男性は全く好みでは無い。自分から検索をかけて申し込みをするしかないかと思うも、サイトに登録している人数か多すぎて検索するのも時間がかかる。入会をしただけで一安心でなく、そこからが大変だった。

初めてのお見合いは開始後30分で帰りたいモードに

初めてのお見合いをするまで、確か2~3ヶ月かかったと思う。そんなに男性を検索するのにも時間がかけられず、20人くらい申し込みをして1人からOKがでたといった感じだったはず。こちらから申し込みをした場合は、お見合いをする場所や時間は向こうの希望が優先。お見合いといっても、紹介者や仲人さんが立ち会うわけではなく、ホテルのラウンジを結婚相談所が予約してくれて受付で名前をいうと席を案内してくれる。先に相手が座って待っている場合もあるし、その逆もしかり。いきなり見ず知らずの男女が2人で会うという仕組み。

見ず知らずとは言っても、顔写真とプロフィールは事前に見ているのである程度予習をしておけば相当の人見知りではない限りそこまで会話には困らない。私は写真の印象で選んだ相手だったが、現れた相手は写真よりすこし年が上に見えた。話の流れでどうやら数年前に撮影したものとわかったが、すでに意気消沈していた私は愛想笑いを浮かべるだけだった。お見合いの規約で、1~2時間程度お話をするだけ。また会いたいかどうかは翌日の昼までに相談所へ報告するとういうものだった。お見合い開始後30分で私は帰りたいモードになっていたが、お相手は楽しそうにしており、コーヒーのお代わりを付き合わされた。

婚活は結婚相談所に登録してからがスタート

そして別れ際には、正面向かって「僕はまた是非会いたいと思います。あなたはどうですか?」と聞いてきたのだ。それってルール違反ではないのか?と内心思いながら、やんわりと話を流した。写真も違うし、相手が困るような質問をしてきたのでもちろんNGの返事を翌日相談所にすることになった。まだ相談所には入会をしており、たまにサイトをいじる程度だが約1年たって結婚できていません。合計4名の方とお見合いをしましたが、そこまで期待できないのが実情です。相談所のルールは守るべき、待っていてもだめ、婚活は結婚相談所に登録してからがスタートです。

おすすめ記事

結婚相談所一覧