konkatu

【婚活体験談】栃木県 40代前半男性 hyddeyoshi66さん

45歳男性会社員、既婚者です。今から6~7年ほど前に婚活をしていましたのでその時の苦労や考えをお話ししたいと思います。私は、中学生のころから20代後半まで、女性との付き合いは人並みにありました。中学も高校も男女共学で、女の子に何を話していいのか分からないとか、そんなことは無く、普通に話せるような性格でした、故に女性との付き合いも特に問題も無く過ごしていました。

ただ、自分の性格がのんびりということもあり、付き合った相手からそれとなく結婚したいサインがあっても気が付かず、結局冷められ破局することが多くありました。それに付き合っても自分からはなかなか”結婚しよう”と言えないちょっとシャイな部分があり、これも結局は振られる原因になっていました。

お前は詰めが甘い!とよく言われていました

自分では普通に女性と付き合っているつもりでしたが、友人や先輩からは”行く時は行くんだよ!お前は詰めが甘いからな!”とよく言われていました。そうです、いざとなると物怖じしてしまい、トドメを刺せない弱虫だったのです。よく女性が付き合っている彼氏にプロポーズをなかなかしてもらえず、最終手段に出ることがあります。具体的には”今日は安全日だから”といって避妊なしで。。。ということです。子供が出来てしまえば彼氏は結婚するしかないだろう、という考えです。

ズルい様にも見えますが、案外この方法は有効です。でも私の場合逆にこれの男バージョンが出来ず、”今日は大丈夫だから”と言われても避妊を必ずするほどの人間でした。俗に言う”石橋を叩いても渡らない”頑固な性格が災いしたのです。そんな感じで、付き合っては別れてを繰り返し、気が付くと30歳の壁を越えていました。

3年位は独身貴族を満喫

そんな時事件が起きます、32歳の時に遠距離恋愛で付き合っていた彼女がいましたが、彼女と自分の親両方に結婚を反対され駆け落ちも考えましたが、彼女は首を縦に振らず結局別れることに。これが最後だと思っていただけにキズは深く、そのご3年ほどは女性との付き合いを避けていました。暫くは独身貴族(死語?)を自分なりに満喫していましたが、段々と周りは皆結婚していく中、寂しさを感じる様に。

因みに私は長男ですが、弟2人はすでに結婚し子供もいました。これではいけないと一念発起し、婚活をすることに。でもコネは既に無く、どうしようかと考えていた時雑誌に結婚紹介所の広告が。とっさに”これだ”と思い登録することにしました。”これで俺もやっと結婚できる”と楽天的に考えていましたが、現実は甘くありませんでした、というより地獄の始まりでした。

結婚相談所で7人連続で断られた・・・

どういうことかと言いますと、その紹介所では、毎月1人は最低紹介して貰えるシステムになっていましたので、毎月お見合いをしていました。最初の1人目にお断りされ、次の月の2人目にもお断りされ、と実にこれが7人連続となりました。さすがにこれだけ連敗が続くと、立ち直りの早さを自負していた私も心が折れそうでした。

紹介所の人にアドバイスを仰いでも、いまいち的確な意見はもらえず”もう俺には結婚は縁が無かったか”とほぼ諦めモードに。”もう、こんなことしててもツライだけだし、次回で終わりにしよう”と臨んだお見合いで奇跡が起きます。その人に会った時から今までとは違う感覚があり、お付き合いをすることになりました。

詰めが甘い自分から卒業しました

半年ほど付き合った後に同棲することになりましたが、暫くは手を出しませんでした。しかし一緒に住んでいるとムラムラするのは男の性というもので、何度かは営みをしていました。ある時ふと昔詰めが甘く取り逃がしたことを思い出し、”子供作っていいか?”と聞いていました。そんなことをいきなり言われるとは思ってなかったらしく、ちょっとビックリしていましたがOKのサインが、その後子供が出来たことにより籍を入れるに至りました。

やっと”詰めが甘い”と言われていた自分から卒業できた瞬間でした。今では子供は2人おり、子育ては大変ですが人並みに幸せに暮らしています。いろいろ書きましたが、たまには勢いで、というのも必要だなと感じました。今一つ詰めが甘いと感じている方は、きちんと自分なりの男を見せた方がいいと思います。