konkatu

【婚活体験談】愛知県 30代前半女性 yutarouさん

私は30歳で事務職に就いております。現在は結婚していますが、私の長い婚活歴史をご紹介致します。私が婚活に積極的になったのは大学を卒業して社会人になって2年経った頃です。当時システムエンジニアとして働いていました。システムエンジニアの職種は基本的に理系の男性ばかりで一日中パソコンに面と向かっているような仕事です。一度プロジェクトが始まると会議以外に人とあまり会話しないような会社でした。

毎日男性に囲まれて仕事はしているのですが、特に恋愛感情を抱くような人はいませんでした。何度かアプローチはありましたが、パソコンおたくのような人ばかりでした。また、仕事が毎日始発から終電までの仕事だったので毎日くたくたで、仕事以外何もしたくなかったです。今思うと当時は心が病んでいたと思います。そんな時、未婚の友人からマラソンの社会人サークルのお誘いがありました。特に友人はマラソンに興味がなく、婚活目的で参加していたそうです。

婚活目的でマラソンサークルに参加したりもしました

当時私もパートナーがいなかったので日々の疲れを癒してほしい、早く結婚したいという思いから私も婚活目的でマラソンサークルに参加しました。いざ、参加すると走っているより飲み会が多い怠けたようなサークルでした。一度飲んだだけで付き合ってほしいと言われましたが断りました。私は真剣にお付き合いして結婚したいのに、このサークル内は1度あっただけでホテルに誘うような軽い人たちの集まりで嫌気がさしました。そういう人は大体半年ぐらいでサークルを抜けます。

結局婚活目的でマラソンを始めましたが本格的にマラソンにどっぷり使ってしまいマラソンが得意になってしまいました。そういう意味では仕事の息抜きができてよかったと思いますが、理想のパートナーには出会えませんでした。それから数年してシステムエンジニアを辞めて事務職につきました。私が働いている職場は綺麗な女性が多く、きらきらしていました。おいしいお店に皆で行ったり、恋バナしたり、美容にも気を遣うようになりました。

婚活バーで婚活したことも

その当時は、まだ20代半ばだったので未婚の女性が周りにはたくさんいました。そこで、婚活に行こう!ということで、婚活バーというものに行きました。初めていくのでどんな所かなと期待していたのですが、内容は出会い喫茶と同じシステムでした。確かに出会い喫茶よりは綺麗な内装でバーだしムードはあります。女性は無料で入れて、簡単なプロフィールを書き店の中でくつろいでいるだけです。そこで男性が声をかけるというシステムでした。

何か品定めをされているみたいで気持ち悪かったです。ちょうど30代男性2人に声をかけられ、私と友人と計4人でバーを抜け出して食事をすることになったのですが、これまた悲惨な結果になっていきます。バーで会話を多少は会話をしていたのですが男性のプロフィールは渡されなかったので素性を知らなかったのがダメだったと思います。彼らは自称税理士らしく、金の亡者みたいな話しをするのです。

相手に悪気はないと思うのですが、事務職の私たちを下に見るような会話が幾度とあったので私たちは途中で帰りました。結局婚活バーなのにナンパ斡旋バーみたいに質が悪すぎだと思いました。結局その人たちとはそれ以降会ってないです。以上婚活するにあたって思ったのは男性と女性ではワンナイトラブがしたいとか、真面目に結婚したいとか、ただ付き合いたいだけとか色々な思いが錯綜しているということです。

本気で婚活するなら大手結婚相談所がおすすめです

私は今までにいろいろなスタイルん婚活をしてきましたが、表向きは婚活だけど中身が違うって場合をたくさん見てきました。本気で婚活するのであればツヴァイとかゼクシィ等、大企業で身元がしっかり分かるような結婚相談所の環境下で婚活した方が良いです。結婚相談所の紹介なら結婚について考えている人が基本ですから。そうじゃないと嫌な気持ちをすごい味わいます。私はその後、職場で出会った男性と結婚しましたが皆さまも婚活には気を付けてくださいね。

おすすめ記事

結婚相談所一覧