konkatu

【婚活体験談】京都府 30代後半女性 yamamiyu0722さん

私が婚活をしていたのは、29歳のころです。当時は派遣社員として金融関係のお仕事をしていましたが、妻子ある男性を好きになってしまい、その泥沼不倫から抜け出したい、そして30歳を目前にして怒濤のように押し寄せてくる友人たちの結婚ラッシュ、また親からの「いい加減に結婚しなさいよ」という小言などからの焦りで「よし、婚活をしよう!」と決意しました。まずは、フリーペーパーに載っている軽い感じのお見合いパーティーに参加してみました。

お見合いパーティーと言うからには、みんな真剣に結婚を考えて集まっているのかと思ったら、たまたま私が行ったものが良くなかったのか、割とチャラい感じの人が多かった気がします。もっと会費の高い、ちゃんとしたものに行けばよかったのかもしれませんが、そもそもお見合いパーティーのシステムとして、初対面の人と、時間を区切られて何人も何人も自己紹介するのが正直苦手で、ドッと疲れてしまい、3回ほど頑張って参加してみましたが、もう行くのを止めてしまいました。

お見合いパーティーの婚活体験談はこちら ≫

結婚相談所はツヴァイに登録しました

次に、大手の結婚相談所ツヴァイに登録しました。それなりにお金もかかりましたが、それだけに真剣に出会いを求めている真面目な方たちが多く、特に恐い思いをすることもなく、安心して婚活をすることができました。スタッフの方もとても感じ良かったですし、条件に合った人をたくさん紹介していただきました。ただ、条件ばかりが気になってしまって、なかなかそこから恋愛に発展することが私にとっては難しかったです。

例えば、年収が良いけど、顔があまりタイプではない、とか、見た目がタイプだけど、会話が合わないとか。毎月4~5人ほど紹介していただき、実際に会ってみて、お食事をしたりデートに行ったりすることもありましたし、2~3人の方と同時進行でお付き合いさせていただくこともありましたが、こちらが気に入っても、相手からは気に入ってもらえなかったり、その逆もあり、出会いの機会は提供していただけるものの、けっきょく普通の恋愛と同じで、なかなか思うようには行きませんでした。

ツヴァイの評判・口コミと料金 ≫

婚活!!と意気込んでいるときは心が全然動いていなかった

中には、見た目も収入も悪くない、お食事に行ってある程度会話も弾むし、相手も好意を持ってくれているのに、どうしても私が好きになれなくて苦しんだこともありました。何度か会う度に、相手の気持ちに自分の気持ちが追いつかなくて申し訳なくなってしまい、結局お断りせざるを得ない状況になり、相手も傷つけて自分も傷ついてしまって、一体何をやっているのか分からなくなっていた時期もありました。

今思えば「婚活!!」と意気込んでいるときは、頭でばかりいろいろ考え過ぎてしまっていて、心が全然動いていなかったのではないかと思います。そんな状況が2年ほど続いてしまったので、もう私には結婚なんて無理と思ってしまい、ツヴァイも退会してしまいました。親にも「もう結婚も孫も諦めて」と伝え、これからは自分の好きなことを思い切りやるぞ!!と決めて、一人旅をしたり、趣味に没頭したり、自分の人生をとにかく楽しむことにしました。

結婚はタイミング!肩の力を抜いて、自分の好きなことを思い切りやって

そういったときに、自然な流れで出会った人を自然と好きになり、出会って半年で結婚。今では2人の子どもにも恵まれ、幸せに暮らしています。よく「結婚はタイミングだ」と言いますが、正にそうだと思います。「婚活」と焦っている時期には、そのタイミングを見る余裕さえなく、大切な出会いをたくさん見落としていたのかもしれません。

もちろん私の友達の中にもお見合いパーティや結婚相談所で出会った方と結婚して幸せになっている人もいますし、人それぞれだと思います。たまたま私には向いていなかっただけなのかもしれません。しかし、これから婚活をされる方に私からお伝えしたいことは「まず肩の力を抜いて、自分の好きなことを思い切りやって」とアドバイスしたいです。自分の人生を楽しんでこそ、一緒に人生を楽しんでくれるパートナーが現れるのだと思います。

おすすめ記事

結婚相談所一覧