konkatu

【婚活体験談】大阪府 30代前半男性 terinn09さん

私は、32歳男性です。普段は会社員で営業をしています。31歳の時(2016年4月)から約8ヶ月ほど婚活をし、今年2月に無事結婚をすることができました。婚活のために、IBJメンバーズという結婚相談所を利用しました。婚活のシステムとしては、まずはメンバーズサイトで全国に登録されている女性の中で、詳細なプロフィールを確認して、気になる女性を選び、一度お会いしたい(つまり、お見合いをしたい)と申請します。

相手の女性も、私のプロフィールを見た上で気に入ってくれたらオーケーの返事をくれるので、その時点でお見合い確定となります。私は大阪在住なのですが、ろくにプロフィールを見ずに、写真で見た目のタイプだからというだけで、とある女性にお見合いの申し込みをしたところ、なんと富山県在住の女性だということがわかり「お見合いを申し込んだ男性が、女性の住んでいるところの近くまで会いに行くのがルール。

もし相手の女性がお見合いオーケーの返事を出したら、とにかく富山まで必ず行って下さい。遠いからという理由でキャンセルすると重いペナルティーになります」と告げられました。ごもっともなんですけどね。こうなったら、旅行だと割り切って出かけるしかないか・・・と
内心ヒヤヒヤしていましたが、結局相手の女性からのオーケーの返事はありませんでした。

婚活はとにかくお金がかかる

そりゃ遠距離恋愛になるわけですから、よほど何か魅力的な人でないとOKの返事は出さないですよね。そんなハラハラするようなこともありながら、およそ20人くらいの人とお見合いをしました。お見合いの方法は、主要な都市(大阪府在住なら、梅田や難波など)などの高級ホテルの1階などにあるカフェやラウンジで待ち合わせてそこでお互いコーヒーを1杯飲みながら1時間くらい話をして好印象を持ったら、後日仲人さん(婚活会社)を通じて電話番号を交換する、という仕組みです。

ちなみにコーヒー代はもちろん男性側が全て出します。たかがコーヒー2杯と侮ってはいけません。なにせ、高級ホテルのカフェですから、1杯でもなかなかのお値段がします。サービス料なども加算されるので、1回で2人分で2000円を越えることもざらにあります。婚活はとにかくお金がかかるものなのです。私はこのお見合いを通じて20人ほどと出会い、その内今の妻も含めて3人の女性と連絡先を交換して、デートなどをしました。

結婚相談所のシステム的に自然消滅はないけど・・・

何回かデートをすると、女性本人からではなく婚活会社から連絡があり、「お相手の○○さんから連絡がありまして、今回はちょっと御断りしたいとのことなんです・・・」と、残念な連絡が入ります。つまり、本人から告げられたり、自然消滅するということは基本的に無いということですね。

今の妻と初めて会った時はかなりバタバタしたお見合いだった

間接的に言われるほうが辛い場合もありますが、逆にこちらが御断りする場合にはしやすいということでもあります。妻と初めて出会った時のお見合いは、なぜかホテルのカフェがとても混雑していて、とりあえず待合室の椅子に座って話をしておきましょうか、ということになり
かなりバタバタしたお見合いになってしまいました。

結局、やっとカフェの席に座ることができた頃にはそろそろ次の用事の時間が迫っていたので、ちゃっとコーヒーを飲んで帰る・・・と、かなり散々なお見合いとなってしまいました。しかし、なんだかお互い気になる相手だったのか、結局連絡先を交換することになり、5回くらいのデートをしてお付き合いすることになりました。

結婚相談所の後押しで婚活がスムーズに進んだ

ここからが婚活会社のすごいところで、付き合い始めてから4ヶ月くらい経った頃「相手の女性の仲人さんから連絡がありまして、そろそろあちらはプロポーズを待たれているみたいです」という衝撃の連絡。まさか、プロポーズを第三者から急かされることになるとは!結局、相手が望んだタイミングでプロポーズをしたので見事OK、結婚となりました。出会ってから1年くらいと比較的短かめでしたが、こうして背中を押してくれる存在がいたこともあってスムーズに事が進んだ結果だと思っています。