sagi

MORIMOMIMORIMOMI

結婚相談所の利用を考えている人の中には、やはり結婚詐欺を警戒してなかなか入会する踏ん切りがつかない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は結婚詐欺師の見分け方や、危険を回避する方法についてお話します。

結婚相談所自体が詐欺という場合もある!

残念なことに、結婚相談所で詐欺にあう人がごく一部ですがいます。ひと昔前ほどではありませんが、チェックが厳しいはずの結婚相談所や、ネットの婚活サイトで詐欺事件が起こることがあります。婚活がブームとなっている昨今、それを逆手にとって詐欺を働く人や業者がいます。

しかもひどい場合には結婚相談所自体が悪質だったというケースもあります。結婚相談所を選ぶときには、できたばかりの結婚相談所や、できてから期間が長い所でも名前を聞いたことのない所は避けたほうが無難です。悪徳相談所の場合、入会金や月会費を請求するくせに、相手を紹介してもらえないという苦痛を味わうことになります。

基本的に知名度が高い結婚相談所は安全

そのせいで、その後の婚活に影響してしまうこともあるんです。名前の知名度だけでなく、ネットや地元での口コミや評判なども調べる必要もあります。また、イオンが運営している「ツヴァイ」や「IBJメンバーズ」といった大手相談所についている「マル適マーク」があるかどうかも見極めのポイントです。「マル適マーク」は特定商法取引、個人情報保護法といった法令関係が厳守されていると認定された企業のみが付けることのできるマークです。なので「マル適マーク」がある結婚相談所は安心して利用することができます。

結婚相談所入会前に気をつけること

知名度や信頼度など、口コミで問題なかったので入会を決めるのは良いですが、さらに入会手続き前にチェックしたいポイントがあります。

 

・IBJ(日本結婚相談所連盟)、NNR(日本仲人協会)、BIU(日本ブライダル協会)といった大きな連盟に加入しているか
・特定商取引法やプライバシーポリシーについて記載しているか
・諸経費の内訳や経費についてきちんと詳細まで確認する
・本人確認を徹底して行っているか
・話を聞いてから登録まで、考える時間をくれるか
・連作先が明示されているか

 

最低でもこれらは確認しておくべきです。特に料金面は最初に聞いておかないと、あとで高額を請求されることもありますので、入会前にきちんと把握しておきましょう。連絡先の明示のない結婚相談所は、何かあった場合の問い合わせ先がわからず、詐欺被害に遭った場合に連絡が取れなくなるということがあります。また無料カウンセリング後に登録を急がせるような結婚相談所も、悪質な場合があります。ひどい場合だと登録後、退会しようとしてもなかなか退会させてくれないということもありますので、結婚相談所選びは慎重に行いましょう。

結婚相談所入会後気を付けたいこと

どんなに厳重な本人確認を行っている結婚相談所でも、チェックの目をかいくぐって詐欺師が登録している場合もあります。登録後、会員同士でのやり取りで詐欺を見抜くにはどうしたらよいのかを考えましょう。

メールの内容が不審・短文のメールばかり

オンライン上の婚活サイトや、ネットを利用している結婚相談所ではメールやサイト内のメッセージボックスでやり取りすることが多いです。この時相手からのメールやメッセージの内容が毎回極端に短かったり、こちらの話を無視して自分のことばかり言ってくる文章の場合には、悪質な業者のサクラなどが婚活者に成りすましている場合があります。また、詐欺師ではないにしても真剣に結婚を考えているのか怪しいとも思えるので、こういった文章の人は相手にしないほうが良いでしょう。

自分のことを話そうとしない

これは性格もありますし、家庭環境も絡んでくるととてもナイーブな問題なので、最初のうちは判断は微妙かもしれません。ある程度仲良くなっている段階で仕事や通っていた学校のことなどを聞いてもごまかそうとしたり、家族や友人といった親しい関係の人になかなか会わせてくれない場合、ほとんどが隠し事をしていると思ってもよいでしょう。詐欺師、まではいかないにしても結婚相談所側が雇っている「サクラ」の可能性が高いです。

連絡方法や会う時に条件をつけてくる

後ろめたいことがある人は、直接のやり取りや会う時にいろいろと条件を付けてくるケースが多いんです。特に詐欺師は正体がばれてしまえば、刑務所行きになるためあまり会いたがらない傾向にあります。初めて会う時や会って2回目という時に、人気のない場所や自宅に来るように誘う人にも要注意です。詐欺師でなくとも、体目当ての場合があります。

お金の話を持ち出してくる

これが一番気を付けたいところ。詐欺師もベテランとなると、最初はごく普通に婚活をしているように見せかけるため、普通に楽しくデートをして相手に信用してもらうことに力を入れます。そして、ある程度信頼してもらえるようになると結婚をちらつかせたりしつつ、「家族が病気でお金がいる」、「事業が失敗して借金がある」、「2人の将来を考えて一緒に投資しよう」「事業を立ち上げるから出資してほしい」…といった話を持ち掛けてくるのです。

たとえ真剣に結婚を考えている相手でも、お金を貸してほしいと言われた場合はすぐに貸すようなことはせず、まず疑い、よく考えましょう。金銭的に余裕がある人なら、結婚前に興信所などで相手のことを調べておくという手もあります。

結婚相談所詐欺は注意すれば防げる!

いかがだったでしょうか。今回は結婚詐欺についてお話しました。結婚相談所自体が悪質だった、ということのないよう相談所選びの段階から気を付けなければなりません。気に入った相手ができても、有頂天にならず冷静になって考えて気を付けていればそう簡単に結婚詐欺に引っかかることはありません。不安がらずに積極的に結婚相談所を利用して、良いパートナーを探しましょう!

おすすめ記事

結婚相談所一覧