【岡山県 30代前半女性 reira733さん】

私は31歳、専業主婦です。29歳を迎えた頃に婚活を本格的にスタートし、現在は婚活を通じて出会った男性と結婚し、子供を授かりました。私が婚活をしようと思ったきっかけは妹の結婚、出産でした。2歳年下の妹とは親友でもありライバルでもあるような存在で常に張り合ってきました。

そんな妹が付き合っていた彼氏と授かり婚をすることになり、置いていかれたような寂しい感情に襲われました。同時にとてつもない焦りにも襲われ、本格的に結婚相手を探さなければ、惨めな人生になってしまうと思ったのです。私は6ヶ月間程、婚活に励んだのですが失敗も多く経験し、最終的に諦めようと思い始めた頃に良い出会いに恵まれました。

焦る気持ちなどを全面的に表すとうまくいかないものなのですね。婚活を通じて人生の流れ方がなんとなく解ったような気がします。婚活は色々な人間を知ることができ、更に自分の人間性も改めて理解できる良い機会でした。

私が初めて使った婚活サイトはぺアーズという手軽に始められるサイトでした。フェイスブックを通じて始めれるので婚活と構えることなくブログ感覚で行えるので楽な気持ちでした。ペアーズでは自分の興味があるコミュニティを通じて共通点が多い相手をネットを通じて探すことができ、多くの男性との交流を楽しむことができます。
比較的、年齢層は若い方が多いので29歳の私にとって新鮮な気持ちになれました。

しかし、ペアーズでは優柔不断な私の性格が祟ってしまい、失敗に終わりました。色々な相手を手軽に検索でき、気になる男性を発見すると「いいね」というボタンを押せば相手に自分の存在を知ってもらうことができるので簡単にアプローチができます。その為、私は一人の男性に絞り込むことができず、色々な男性に目移りをしてしまい、なかなかステップアップすることができません。

行為を寄せてくれる男性にはときめくことがなく、人気がある男性ばかり気になってしまうので結局デートまで繋がることもなくメールのみで終了というパターンばかりでした。自分自身で行動をしないと始まらないので一向に前進することがないと見込み、途中でやめてしまいました。積極的に相手にアピールすることが苦手な私にはペアーズは向いていなかったようです。そして目移りばかりして選ぶことができないままでは運命の相手を見つけることはできないと感じました。

この人だと決めたなら迷うことなく、一途になる気持ちが大切かもしれないと改めて思い、次の婚活に臨むことにしました。2度目の婚活はゼクシィ縁結びを選びました。有料だったのですがサポート体制の充実や婚活パーティーの豊富さに魅力を感じました。正直、結婚に対しての焦りはなくなり楽しく出会いを見つけれたら良いか、見つからなければそれでも良いかと意気込む気持ちは全くありませんでした。

ゼクシィ縁結びでは婚活としてイベント婚や趣味婚という出会いの場を設けてくれています。その為、自分の興味のあるイベントに参加し、楽しみながら相手を探すことができるので日々の生活に潤いを感じました。私が参加したイベントは料理系が多かったのですが、そこで何回か一緒になる男性と出会いました。

私はカフェ巡りが趣味でオシャレな料理を作れるようになりたいと思い、料理のイベントばかり選んでいました。男性とグループになって一緒に作っていくので自然に交流を楽しむことができます。そのグループでカフェのオーナーをされている男性と出会い、会話が盛り上がりました。

そのままアドレスを交換し、交流を始めたのですがなかなか前進しません。私が恋愛下手だったのでアプローチの仕方がわからず、途方に暮れていました。そんな時、ゼクシィ縁結びのスタッフの方に相談し、会話のアドバイスなどを伝授してもらいました。誰かに相談することなど今までなかったので心強かったです。そして積極的にアタックし、そのまま交際へと繋がりました。

この人と決めたら積極的にアタックすることが成功の秘訣ですね。交際スタートから半年後に入籍するというスピード婚でした。婚活サイトを変更したことが成功へと繋がり、自分にあった婚活を楽しむことができたので満足です。焦る気持ちをなくし、楽しむという気持ちで婚活をすることで良い出会いに恵まれたのかもしれません。