konkatu

愛知県 40代前半女性 naokokinokoさん

結婚8年目の私は現在、結婚相談所婚活コーディネーターをしています。子供の頃からケーキ作りが好きでフランスに留学したこともありましたが、30歳になった私を心配して母が結婚情報センターのパンフレットを持ってきました。まだその頃は婚活などの言葉もなく、今思えば婚活の走りだったかもしれませんね。訳も分からないままに母と二人で大手2ヶ所の会社を見学し、そのうちの一つ「楽天オーネット」に入会しました。それまで相手の年収など考えたこともなかったので、希望条件を絞り込むことから始めました。

楽天オーネットの評判と料金

最後の婚活パーティーで運命の出会いが

相手の年収は?身長は?学歴は?・・・。登録した途端、申込みが来る来る。驚きです!ほぼ毎週違う人に会っては別れを繰り返しました。最初は楽しいのですが、毎週、毎週、初めましてを繰り返すと正直疲れてきます。約3年も活動していればいろいろあります。いいなと思った人に振られたり、婚約までいった人との別れも経験しましたが神様は見放さなかった!

私は活動間際の最後のパーティーでお会いした人とビビッときました。50対50のパーティーだったので誰が誰かもわからない。一人2分くらいしか話せませんでしたが、彼とは「こんにちは」と挨拶した時に凄く波長が合う人だと実感しました。それが今の旦那です。彼は入会ほやほや初めてのパーティーだったそうで、出会って1年後には結婚しました。

現在は、婚活の経験を活かして会員様の相談にのる日々です

私は結婚を機に転職して現在は自分の経験を活かして会員様の相談にのる日々です。相手があることなので、私のように3年かかる人もいれば、旦那のように1ケ月で出会う人もいます。出会うタイミングは人それぞれ。プロフィールの写真や条件だけでお断りせずに、色々な人にお会いしてほしいです。

実はパーティーの後に旦那のプロフィールが送られてきましたが、最初に見ていたらお断りしていたかも・・・。神経質そうな写真に自己PRもなく、やる気が感じられないプロフィールでした。後日談として、旦那が入会する時、妹さんと友人が疑心暗鬼だったそうですが、私たちの結婚を機に妹さんも入会し見事お医者さんと玉の輿。転職した私のもとに旦那のお友達もやってきて、私がキューピットとなりかわいい奥さんとゴールインしました。

自分に合った婚活方法を見つけるのが大切

私の経験から言える事はまず、自分に合った婚活方法を見つけることです。情報センターなのか相談所なのかSNSなのかパーティーなのか婚活の仕方は人それぞれです。それぞれに良し悪しがあるとは思いますが、実際に経験してみないと何が自分にあうのか正直わからないと思います。私のアドバイスとしては、大手結婚情報センターは自分でどんどん動ける人や、ある程度条件がいい人は向いていると思います。自分のペースで自由に恋愛ができます。誰かの後押しが必要だったり、恋愛未経験の人は結婚相談所向きですね。

相談所にもよりますが親身になって相談にのってくれたり適切なアドバイスをしてくれますがお見合いや交際のルールなどあるのでルールに縛られたくない人は向いていないかもしれません。私は情報センターで結婚しましたが、現在は相談所で働いています。お相手をご紹介するのは勿論の事、会員様の恋愛相談にのったりデートのアドバイスをしています。パーティーやSNSなどのツールを使ったものは経験がないのでわかりませんが、きちんとしたところは独身証明書、源泉徴収書、大学の卒業証書も提出が必須です。きちんとしたところで活動することをお勧めします。

婚活は自分の立ち位置の確認からスタート

何よりも、自分の立ち位置を確認するところから始めましょう。自分の事を棚に上げ、3高を望んだり、一回りも年下の美女を射止めるにはそれなりの覚悟と自分自身を磨くことが必要です!条件ばかりにとらわれず、相手の中身を見ることができればきっと素敵な人に巡り会えると思います。婚活は山あり谷ありですが続けていればきっと巡り合えると思います。諦めずに前向きに進んでほしいです。