konkatu

【婚活体験談】大阪府 40代前半男性 kujira17さん

42歳の会社員、男性です。私の婚活体験について書かせていただきます。私が結婚を意識しだしたのは、社会人になってからです。学生時代も付き合った彼女がいて、もし付き合い続けたら結婚するのかなと思うことはありました。しかし本当に結婚となると少々重たくなります。まずどんな会社で働くのかも決まっていませんし、それが東京なのかどこなのか住む地域も決まっていません。

それに安定した収入が必要となります。そして付き合っていた彼女と別れたこともあり、社会人になってから結婚を考えるようになりました。ですから婚活を始めたのは、社会人1年目ということになります。私自身、結婚するなら早いほうがいいと思っており、社会人生活3年を目処に結婚しようと思っていました。

入社1、2年目は合コンの話ばかりしていた気がする

そこで女性と知り合う機会ですが、私はもっぱら合コンへ参加しました。会社であれば同期の友人がいますし、職場の友人などもいます。大学時代の友人もいたので、それら友人に「合コンあったら呼んでくれ」と頼みました。もちろん私からも合コンを提供します。学生時代の女性の知り合いや、会社の同期の女性などに声を掛けて合コンを開きました。

この入社1~2年目は、友人と会うとまず合コンの話をしていましたし、合コンの開催頻度が非常に高かったと思います。ここで私がなぜ合コンにこだわっていたかということですが、その他に女性と知り合う方法は、お見合い、紹介、婚活パーティなどがあります。出会い系サイトはやったことがないので、よく分かりません。

お見合いが結婚する最短の方法であるとは思うけど・・・

まずお見合いは親戚などから来ることがありますが、直ぐに結婚するかどうかを判断する必要がありますし、相手に失礼があってはいけません。また付き合う時間を楽しむこともなくすぐに結婚になってしまうかと思うと、お見合いを受けるにもなかなか勇気が要ると思います。ただお見合いは、結婚する最短の方法であるのは確かです。

それと比べると紹介は友人などからされると思いますが、少々気軽に出来ます。しかしこれも付き合うのか付き合わないのか、ある時点で判断しなければなりません。そして婚活パーティですが、まず参加料が高いことがあります。この参加料は結局主催者の懐へ行ってしまうと思うと、それだったら自分達で動いた方がいいと思いました。

気軽に参加できる合コンは婚活に最適

そして合コンです。合コンはまず気軽に参加できますし、相手が例えば3~5人いれば、その中から選ぶことが出来ます。但し、非常に人気のある女性がいたとしたら、争奪戦は激しくなります。そして幹事からの情報で、どこに勤めている何歳の方など事前情報があるので、そこで参加するかしないか判断することも出来ます。

私は例え女性側がどんな方であろうと、出来るだけ参加することにしていました。と言うのも、どこにいい出会いがあるか分からないと言うこともありますが、もしそのときに好みの人がいなかったとしても、再度合コンをやってもらうことが出来るからです。相手の方には次回はこんな人を連れてきて欲しいとお願いします。

婚活開始から5年目にして合コンで知り合った女性と結婚

その代わりこちらも相手の希望に沿った人を連れて行きます。そのようにして、1回の合コンから複数回の合コンを開催することが出来ます。知り合う人の数でいうと、十数人の女性と知り合うことも出来るからです。ここであえて合コンのディメリットを言うと、やはりお金がかかることです。まずは飲み会となるので、どうしてもその費用分はかかってしまいます。

結局、私は合コンで知り合った女性と付き合った時期もありました。その付き合っている間はさすがに合コンへ行っていませんが、友人のために合コンのセッティングだけをすることはありました。そしてあっという間に目標だった予定の3年が過ぎてしまいました。その彼女と別れた後は、また合コン開始です。

さすがに結婚していく友人達もいたので合コンの頻度も以前よりかなり下がってきましたが、入社5年目に合コンで知り合った女性と結婚しました。婚活期間で言うと、途中空いた時期も含めると、約4年半になります。このように婚活をしていたからこそ今の妻と結婚できましたし、いろいろな人と出会ったり、調整をしたりしてきました。対人関係など勉強になることもすごく多く、無駄ではなかったと思っています。