kakunin

 

MORIMOMIMORIMOMI

結婚相談所を利用して良い相手が見つかったなら即結婚!という人もいますが、結婚前に確認したほうがよいことがあるのをご存知でしょうか?

恋愛期間中は「恋は盲目」状態で相手のどんなことも気にならない状態の人が多いです。そしていざ結婚して落ち着くと、相手のアラが見えたり親が実は病気で介護が必要だったなどといったことが発覚する場合もあります。

そこで今回は、婚活中に相手に確認しておいたほうがよいポイントをご紹介します。何も考えずに結婚して「こんなはずじゃなかった」とならないようにしてくださいね。

仕事に関すること

結婚前に確認しておくことに、まず仕事のことがあります。相手の男性は仕事で単身赴任や出張・転勤が多い、海外赴任があるといったことは事前に確認しておかないと、結婚後すぐに海外へ・・・なんてこともあるので注意が必要です。海外赴任の場合は相手の男性だけが行くのか、自分も一緒に行くのか?

転勤が多い場合は都度自分も一緒に引っ越しする、もしくは相手の男性だけ単身赴任という形をとるのかといったことを決めておきましょう。こういったことを考えないで結婚すると、結婚後生活のすれ違いから離婚という事になってしまう場合もあります。また共働きを選ぶなら、家事の分担はどうするのか、子どもができたときはどうするといったことも事前に相談しておかないと後々揉めるケースが多いです。

お金に関すること

結婚後によくある後悔の一つに「金銭感覚の違い」と言うものがあります。独身時代と違って結婚後は家計を共有するため、相手との金銭感覚の違いでストレスや不満をため込む人が多いようです。結婚前にきちんと家計の管理について話しあっておきましょう。特に共働きの場合、お互いが家計にいくら入れる、毎月貯金はいくらすると言った取り決めをしておいたほうがよいでしょう。

結婚前に確認したいお金のことでもう一つ「金銭トラブルや借金」があります。カードなどでお金を借りたりすることに抵抗がないような人は借金癖がついている可能性があります。またパチンコなどのギャンブルにハマっている人も相手に隠して借金をして結婚後バレるというケースが多いです。結婚後に金銭トラブルに巻き込まれないようにするためにも、相手の男性に借金や借金癖、ギャンブル依存などがないかをきちんと確認しましょう。

親や家族のこと

他人同士が結婚することで相手の親も自分の親としての関係を持つことになります。相手と良い関係でも嫁姑でトラブルが起きて離婚してしまうことが近年増えています。両親や相手の兄弟などについてどのような人なのか確認しておくことをおすすめします。そして相手の男性が両親や兄弟とどのような関係を築いているか、マザコンやファザコンではないかといったことを確認しておきましょう。

マザコンやファザコン、シスコンといった人は嫁よりも家族第一なので、自分の嫁がいびられていても味方に付いてくれる可能性が低いです。もしくは双方にいい顔をして余計なトラブルを引き起こすこともあります。両親の健康状態や老後についてや同居するかどうかといったことも、事前に確認しておくことをおすすめします。酷い人だと自分の家族の世話をさせるのを目的で近づき、結婚後までそのことを告げないという人もいます。

介護は実の子どもがするもので、嫁がしなければならないという決まりはありません。もし介護要員が欲しくて結婚を迫っているのなら、少し考えるべきです。今は元気でも両親も歳をとってくれば体が弱くなったりと介護が必要となりますし、結婚直後から同居となれば結婚生活にも関わってくることなので両親の将来などについてもきちんと確認しましょう。

子どものこと

結婚前に確認しておいたほうがよいことの一つに、子どものことがあります。まず、子どもが欲しいのかどうか。作るなら何人にするか、育児の方法や育児分担の比率などといったことは婚前に話しておいたほうが、実際に子どもができてから揉めてストレスをためることを避けやすいです。また子どもを作るなら妊娠中の生活、里帰りをするかどうかなども確認しておいたほうがよいです。妊娠中の生活や子どもに対する考え方や育児についての考え方が異なっていると、離婚にまで発展するケースがあります。

結婚前に確認したい!まとめ

今回は婚活中に相手に確認しておくべきことについてお話しました。幸せな結婚生活を送りたいのなら、やはり家族のことや子どもを作る、借金の有無などについては結婚前に確認しておいたほうが、トラブルを回避することができます。

MORIMOMIMORIMOMI

結婚してすぐに「こんなはずじゃなかった」と後悔しないよう、きちんと相手に確認して幸せな結婚生活を送ってくださいね。