konkatu

【婚活体験談】福岡県 30代前半女性 haruki3さん

私は現在32歳の専業主婦です。婚活のきっかけは、高校の同級生たちが結婚、出産報告をして、取り残されているような感覚があり、婚活をしようと思いました。婚活の期間は3年です。私が婚活をし始めた時には、周囲の友達のほとんどが結婚をしていました。中には子どもを3人生んでいる人もいて、このままでは私は結婚できないのではないかと不安になりました。そのとき私は26歳でした。20代前半のときは、結婚なんてまだ先のことだと思っていて、友達に誘われてイヤイヤ行った婚活パーティーも消極的でした。

初めて結婚相手について考えた

その婚活パーティではカップルになった相手がいましたが、メールアドレスを交換しただけで、その後の進展はありませんでした。そして、26歳の頃、私も婚活に本腰を入れたとき、その婚活パーティでカップルになった人のことを思い出しました。今までは、結婚相手というよりは、恋人とでしか考えていませんでしたが、そのとき私は初めて、結婚相手というものを考えてみたのです。そして、そう考えたとき、前にカップルになった人はとてもいい人ではないかと思いました。

1年も間が空いていたので、さすがにもうメールを送っても返ってこないだろうと思いながら、メールを打ちました。そして、やはり返ってきませんでした。友達はすでに婚活を始めていたので、私も一緒にするようにしました。まずは、合コンです。警察官、公務員、友達関係。いたるところに声をかけ、前に合コンをした人たちも、メンバーを変えて、たくさんしました。が、結婚したいと思えるような人には全く巡り合うことができませんでした。

友達も同じことを思ったのか、婚活パーティーに参加することにしてみました。私は前に参加したことがあったので、抵抗はありませんでした。まだ20代ということで、婚活パーティーではそこそこ人気がありました。カップルにも何度もなりました。けれども、結婚相手というものは見つかりませんでした。まだ若い年齢ばかりだったのが原因なのか、その婚活パーティーでは結婚相手というより、友人を増やしたいという人が多かったのです。

結婚できないかもしれないと不安になりました

結婚に乗り遅れたと、思っていました。結婚ができないのかもしれないと不安になりました。婚活パーティーに初めて行った時にカップルになった人と結婚すれば良かったと、後悔しました。けれど、今はそんなことを言っても仕方ありません。婚活に必要なことは、諦めないことです。そこでわたしは、婚活サイトを使用することにしました。「youbride(ユーブライド)」というサイトです。

そこでは、たくさんの男性が登録していて、年収や、趣味、身長や体格など、プロフィールで様々なことがわかります。私の希望の人を見つけ、メールをするところからやりとりが始まります。婚活パーティーでは、初対面の人と短い会話をして、どの人とカップルになりたいのかを決めなければいけません。けれど、ユーブライドでは、ゆっくりと自分ベースでメールを行い、会いたいと思った時に相手と会うことができました。もちろん、サイトの中でのやり取りだったので、顔も、本名もわかりません。初めて会うときはとても緊張しました。

婚活して本当に良かったです!

婚活サイトでは5人ほどの男性と会いましたが、変な人はいませんでした。皆さんとても誠実で、その中の一人が現在の結婚相手という人生のパートナーに出会うことができました。何度かデートを重ね、どんな結婚生活を送りたいと思っているか、子どもは何人ほしいのか、話し合いました。私は実家暮らしで、あまり料理が得意ではないことを伝えましたが、気にしないと言ってくれたことが嬉しかったです。同じ結婚したい同士だったので、結婚の話をしても、相手の気持ちが重いと思うことはありませんでした。むしろ、具体的な話もできたので嬉しかったです。

私は婚活して、本当に良かったと思っています。婚活しなければ、仕事と家の往復をしていただけの生活では、この相手の人とは会うことができませんでした。そして、現在の主人がとても近くに住んでいたことにも運命を感じています。婚活サイトのユーブライドに登録しなければ、結婚はできませんでしたし、子どもを産むこともできなかったと思います。婚活に必要なものは諦めないこと、そして結婚相手に出会えるかの運命、結婚した今、私はそう思っています。