【神奈川県 30代前半女性 84reikoさん】

私は31歳、専業主婦をしています。28歳から1年間婚活をした結果、ゴールインすることが出来ました。婚活をしている間は辛いことや悲しいことも多く、色々な経験を得ることが出来、人生の勉強になることばかりだった感じます。

私が婚活をしようと思ったきっかけは妹の妊娠、出産を見て女性としての喜びを私も経験したいと強く感じたからでした。それまでは仕事に集中し、男性に支えてもらわなくても生きていくことが出来る、むしろ独り身の方が気楽で良いと思っていました。

周囲がどんどん結婚し、取り残されていた状況でも平気でした。しかし、妹の出産に立ち会った日から一気に考え方が変わり、急いで婚活をしなくては…と焦る気持ちでいっぱいになりました。婚活を始めると言ってもまず出会いをどこで求めたら良いのか解らず、友人から勧められた恋活アプリを始めることにしました。

恋活アプリは一種の出会い系のような形なのですが初めから婚活サイトや結婚相談所に行くより肩の力を抜いて行動できるので気楽な気持ちで始めました。アプリの中でも婚活をしている男性は多く存在し、ターゲットを婚活している男性として定め、アタックしていきました。

しかし、恋活アプリは誰でも手軽に始められるサイトなので私は相手選びを失敗することになります。選んだ男性は写真では優しそうで清潔感のある方でした。見た目が気に入った私は早速デートに誘い、実際に会ってみることにしました。

当時の私は早く結婚したいという気持ちが強く、恋愛に対し積極的になっていました。結婚相手を探すという焦りが判断を鈍らせていました。出会った男性は外見は写真のままで好印象だったのですが性格に問題がありました。あり得ない程に自分が大好きなナルシストな性格で女性は皆、自分のことを好きになると勘違いした男性でした。

コソコソと隠れてケータイを弄るばかりしていたのできっと私以外にも多くの女性がいたのだと思います。初対面でこんなに嫌な気持ちになる男性と出会ったのは初めてで一気に婚活する意欲が無くなりました。出会い系サイトに近いアプリなのでこの男性のように軽い考えを持っている男性が多く存在することに嫌気がさし、婚活をすることの考えを改め、婚活方法を変えることを決意しました。

堅苦しくても真面目に婚活するのだったらコストをかけてでも婚活サイトを選ぶことの方が結果的に成功すると思ったのです。恋活アプリは退会し、新たに「ゼクシィ縁結び」という婚活サイトに登録し、気持ちを入れ替えて婚活を再スタートしました。

ゼクシィでは恋活アプリとは違い、スタッフの方がサポートをしっかりとしてくれる為、安心感が生まれました。また、プロフィール掲載が充実していて相手がどんな性格なのか予めしっかりと把握出来るので構える必要がないのでスムーズにアピールすることが出来ます。

私は実際会って相手の全てを把握した上で交際をしたいと思っていたので婚活パーティーに足を運ぶことにしました。初めてのパーティーで今の夫に出会うことが出来たので本当にラッキーでした。
私は一人でパーティーに参加した為、会場に行ってもなかなか周囲に馴染めず、浮いた存在になっていました。

余りにも楽しくなかったので帰ろうと思った時に男性がお酒を持ってきてくれ、会話をすることになりました。心細かった私は声をかけてくれたことがとても嬉しく、その男性に一目惚れをし、パーティ-ではひたすら彼との時間を楽しみました。

その後、彼とデートを重ね、交際半年でスピード婚しました。現在は子供にも恵まれ、私の夢は叶いました。婚活をするにあたって感じたことは初めから真面目な気持ちで挑むこと、焦る気持ちは一切持たないことが大切だと感じました。

また失敗をしたからといって挫けるのではなく、軌道修正することで新たな出会いが待っていることもあると言い聞かせたことが成功の秘訣だったのかもしれません。諦めないこと、焦らないことを心に入れて婚活を頑張りました。